読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50人分を基に経年変化データ

システムには、約150人分の経年変化データの平均値を反映させる予定。平面(二次元)の顔写真を三次元データ化▽経年変化データの落とし込み▽しわを深めるなどの画像処理--の三つのプロセスを経て加齢後の容貌の予測画像を作製するとしている。
 
 科警研では昨年、約50人分を基に経年変化データを算出しあらかじめ用意した「平均顔」に反映させる実験を行った。今泉和彦・生物第2研究室長は「一般的に言われる『目尻が垂れる』『目の下が膨らむ』『頬がたるむ』といった加齢現象が数値で裏付けられた。研究成果は予測画像の作製にとどまらず、加齢現象を明らかにするデータとしても活用できるはず」と指摘。防犯カメラ映像の鑑定などにも応用したいという。こんな話もある→HGH